■ 水晶振動子 300kHz〜1.1MHz / 1.6MHz〜40MHz

     ■ 即納!リアルタイムウェブ在庫情報 

   → HC-49U/S(リード)  HC-49U/S-SMD (面実装)

  お知らせ事項・ 在庫情報
 ■ 最新のお知らせ事項はございません。
 ■ 日本国内協力工場での生産です。
  RoHS対応状況/梱包荷姿など
 ◆ RoHS/REARCH対応品です。
 ◆ JAMP AIS資料等につきましては都度対応で発行しております。 詳細は弊社営業部までお問合わせ下さい。

 関連資料
・発振回路部分でここだけは押さえておきたいポイント
  
  ■ 水晶振動子の用語解説
  (最もよくあるご質問)→ 水晶振動子の仕様の用語でよく出てくる 『負荷容量』 とは何ですか ?
  ■ 負荷容量の計算(机上計算)
  ■ 負荷容量と周波数感度の関係
  ■ 発振余裕度の確認について
  ■ 負荷容量と発振余裕度の関係

 仕様番号について

〜多摩デバイスのHC-49/U , HC-49U/S, HC-49U/S-SMD の振動子は 『仕様番号』 を設けて仕様管理されています〜

<仕様番号とは>

同じ型式で同じ周波数でも仕様項目内容の違い(常温偏差、動作温度範囲、負荷容量など)で全く違うもののものがあります。仕様の違いを区分するために 『仕様番号』 にて区分・管理しています。仕様番号によって以下が指定されます。


 @パッケージ
 A周波数
 B常温周波数偏差
 C周波数温度特性
 D動作温度範囲
 E負荷容量
 F等価直列抵抗
 Gその他、カスタム仕様があればその仕様


カスタム仕様の場合は、その都度、お見積り時または初回手配時(サンプル時含む)に仕様番号を新規に採番します。
ご注文の際には必ず仕様番号までご指定頂きます様、お願いいたします。
( 例:『HC-49U/S-4.000MHz-TMD-X-1010』 など。 型番登録で文字制限がある場合にはご相談下さい)

 製品一覧/データシート

<リードタイプ水晶振動子> (産業機器用途向け)
シリーズ名 外観  外形寸法(mm) 周波数範囲 常温周波数偏差 動作温度範囲 * データシート
 ■ HC-49/U
 ※国内生産
11.05 x 4.65 x 13.46
(端子部含めず)
300kHz〜1.1 MHz
1.6MHz〜40MHz
±10〜50ppm -10〜+60℃
-20〜+70℃
-40〜+85℃
 ■ HC-49U/S
 ※国内生産
11.05×4.7×3.5
(端子部含めず)
3.5795MHz 〜 36MHz ±50ppm
-10〜+60℃ (標準)
-20〜+70℃
-40〜+85℃
 <表面実装タイプ水晶振動子> (産業機器用途向け)
 ■ HC-49U/S-SMD
 ※国内生産
12.4×4.7×4.3 3.5795MHz 〜 36MHz ±50ppm
-10〜+60℃ (標準)
-20〜+70℃
-40〜+85℃
 ■ HC-49U/S-SMD-L
 ※低背型/国内生産
-  12.4×4.7×2.6  3.5795MHz 〜 36MHz  ±50ppm
 -10〜+60℃ (標準)
-20〜+70℃
-40〜+85℃
 
 SL-MG
 ※国内生産
11.0 ×5.0 ×2.0 3.5795MHz 〜 40MHz ±30ppm
±20ppm
±10ppm
-10〜+60℃
-20〜+70℃
-40〜+85℃

 → 時計用 32.768kHz 水晶振動子はこちらから


Copylight (c) Tamadevice.co.ltd . ※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先 | プライバシーポリシー | サイトマップ |