マイクロクリスタル ( Microcrystal )

   (ログをクリックするとメーカーのウェブサイトへ移動します)



 スイス北部のグレンヘンに本拠があるマイクロクリスタル社は
時計で有名な『スォッチ』グループの電子部品部門の会社です。
ISO9001/14000の認証の他に、高度な品質管理体制が求められる自動車業界向けのISO/TS16949の認証も受けています。


時計用の音叉型振動子 ( Tuning Fork ) の生産を主とし、年間で数億個の生産量を誇る
量産工場を抱えています。 小型SMDパッケージ ( 3.2*1.5*0.9m/m サイズなど) を本格的に量産している専業メーカーで、モバイル端末の時計用振動子の市場では、世界トップレベルのシェアを保持しています。会社名の通り小型パッケージの水晶デバイスを得意としており、超小型の32.768kHzの発振器、超小型の水晶振動子内蔵RTCモジュールなどを得意としています。

 その他、その優れた振動子技術を生かして小型・高精度・低消費電流のOCXOや高信頼性を求められる絶対に故障が許されない航空機のエンジンコントロール機器用途の発振器など、同社でなければ出来ない優れた製品の供給も行っています。航空機用途の発振器は欧州のエアバ×社、及びUSAのボ社にも採用され言うなれば世界の空の安全を支えている縁の下で支えています。その他に独自の高周波加工技術を生かした、非常に高い周波数の基本波の振動子 ( 基本波で〜250MHz ) の生産も行っています。


多摩デバイスはMicrocrystalの代理店として日本国内での販売及び技術サポートを行っています。




 非常に高い信頼性を求められる航空機用途の発振器を製造するラインはスイス・グレンヘンの本部工場の離れの別棟にあります。同じ製造ラインの中で高精度のOCXOも生産されています。 通常、振動子を封じした後の発振器のアッセンブリ工程は非クリーンルームで行われることが多いのですが、ここでは最終検査まで全ての工程がクリーンルーム内で行われます。( 見学者は頭の先から靴の先まで防塵服及び防塵袋を着用して入室します)製造装置等の写真はここでは掲載出来ず残念ですが、さすがに素晴らしい装置が多く、また他では見かけない装置もあり、特化した製造ラインであることが良く分かります。

 高精度のOCXOの生産も行っているため、検査試験ベンチも多く、実際の製造品の検査を行うベンチも豊富ながら、毎月行われる信頼性試験のための測定ベンチ、またソリューション・開発のための専用の研究室にも豊富な検査試験ベンチが設置してあります。設備や測定器等は新しい高機能なものが多く、技術者にとってはかなり恵まれた環境にあります。



 グレンヘンの本拠地の本棟では、音叉型水晶振動子 ( Tuning Fork ) の長く非常に大きな生産ラインが続きます。世界各国の通信機メーカーから多く見学者が訪れるためでしょう、工場の生産ラインの側面には紫外線除去のフィルムを張ったガラスを窓として廊下に面した壁に配置し、工場見学がしやすい造りになっています ( 写真が見学用の通路。長い廊下が続きます)。

 入り口近くには、一通りの生産ラインの説明のポスターや音叉の動きを目で確認できるオブジェなどが置いてあります。 切断・研磨の工程は別工場で行われ、ウェハーからの化学エッチング及びレーザートリミングの加工工程からになるので、さながら半導体工場のクリーンルームような様相を呈しています。窓ガラス内部のクリーンルームの写真は残念ながらここでは掲載は出来ませんが、ずらりと並んだ生産装置・設備の様子は実に壮観です。
 



  .  マイクロクリスタル社の音叉型水晶振動子 ( Tunig Fork ) の生産量の多さをよく現しているのが左の写真の "大きな釜" です。家庭用のゴミを出すポリバケツよりも一回り大きいくらいのものですが、これはリークテストのための真空引き装置です。量産のリークテストはグロスリークでまとめて一瓶程度で行うものは見かけますが、ここまで "大きな釜 "でまとめて行うものは初めて見ました。多い時は1日に100万個生産する規模の量産工場ですから、確かにリーク試験もここまで大きな装置を使って一度に大量に行わないと間に合わないのでしょう。これには驚きました。

Copylight (c) Tamadevice.co.ltd . ※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先 | プライバシーポリシー
| サイトマップ |