会社概要 在庫リスト LVDS
LV-PECL
OCXO VCXO TCXO 航空宇宙
防衛向け
水晶振動子
・MHz 帯
・32.768kHz
MCF
フィルタ
サイト
マップ
 お問合せ


 簡単な技術資料
INDEX
標準的なインバーター水晶発振回路
発振余裕度(負性抵抗)の確認
負荷容量 と負性抵抗の関係
発振回路の負性抵抗のテスト
負荷容量と周波数の関係
基板上での周波数測定について
時計用水晶振動子の温度特性
SPXOの温度特性
水晶振動子・仕様の用語の簡単な解説
〜 時計用 32.768kHz ( 音叉型・X-CUT ) の温度特性(周波数)について 〜
  

通常の音叉型水晶振動子の温度特性カーブ : +25℃点を0ppm とする
  

( タテ軸:周波数偏差/単位:ppm ,  ヨコ軸:温度/単位:℃ )
 




時計用 32768kHzの音叉型水晶振動子の周波数温度特性は上図↑のカーブ描きます。 常温点(+25℃±5℃ )を基準にして、その温度差を <℃> とした場合、

   ・ΔF = -0.035 * ℃ * ℃ ( ppm ) Typical


の計算式の値になります。 例えば 0〜50℃ の温度範囲の場合は +25℃±25℃ですので

   ・ ΔF = -0.035 * |±25|* | ±25 | = -21.875ppm  ( Typical値 )


同様に計算して, -10〜+60℃の場合は+25℃±35℃ですので、

   ・ΔF = -0.035 * |±35|* | ±35 | = -42.875ppm  ( Typical値 )


となります。上記は Typical値です、公差は最大で±20%以下程度です。この計算式に常温偏差の値を加えたものが、トータルの最大偏差になる訳です。温度が常温から離れれば離れるほど高温側・低温側に関わらず周波数が低くなります。


(注) このページ内のデータ数値はあくまで目安になるものとしての値を提示しています。このデータをもとに弊社の関与しないところで設計等された場合に何らかのトラブルが発生したとしても一切の責任は負いかねますので予めご了解ください。


Copylight (c) Tamadevice.co.ltd . ※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先 | プライバシーポリシー
| サイトマップ |