アクセス解析



RV-3028-C7 超低消費電流リアルタイムクロック 
評価ボード
 
< 型番 : RV-3028-C7 >
 リアルタイムクロック RV-3028-C7
(3.2×1.5×0.8mm) 
● 32.768kHz水晶振動子を内蔵
●超小型: 3.2×1.5×0.8mm のSMDパッケージ
●工場出荷時の常温周波数偏差:±1.0ppm以内
(1Hz出力及び時計精度)
●バックアップバッテリ切替端子付き
● バックアップ電源切替え機能不使用時:45nA Typ.
  バックアップ電源切替え使用時:95nATyp.または115nA Typ.
●トリクルチャージ機能(3kΩ/5kΩ/9kΩ/15kΩ切替え)

超小型・低消費電流のリアルタイムクロック RV-3028-C7 をはんだ付け作業不要でブレッドボード等に接続して機能評価できる評価ボードをご用意しています。 量産開発時の評価用としてお貸し出しも行っていますので、こちら までお問い合わせ下さい。 
  既にRV-3028-C7 本体及び、プルアップ抵抗、パスコン、バックアップコンデンサが実装されています。また設定切替用のジャンパピンも備えています。
 
  ① RV-3028-C7 本体
② Vddバイパスコンデンサ (0.01μF)
③ EVI端子切替ジャンパ ( High or Low )
④ 動作確認用LED接続切替ジャンパ(ON or OFF )
⑤ Vdd接続切替ジャンパ (ON or OFF)
⑥ Vbackup切替ジャンパ
  (バックアップコンデンサ or GNDにプルダウン )
⑦バックアップコンデンサ(100μF)
  (空きランドパターンに追加も可)
 
・時計動作やアラームなどのレジスタ基本動作確認の際にはそのままで構いません。
・③EVI端子はご使用状況により切り替えて下さい(オープンにはしないで下さい)。
・消費電流測定の際には④LED切替ジャンパは取り外してLEDはOFFにして下さい。
・⑤Vdd接続切替ジャンパは、バックアップ機能確認でVdd断の状況のテストの際に使用出来ます。
・⑥Vbackup切替ジャンパは外部からバックアップ電源を供給する際にはこのジャンパピンは取り外してご使用下さい。

 ≪バックアップ切替動作について≫

RV-3028-C7 のバックアップ切替動作はデフォルトではオフになっています。
バックアップ切替えを行う場合は レジスタ(37hアドレス)にて設定します。

 37hアドレス   
 機能 - Bit:7  Bit:6   Bit:5   Bit:4    Bit:3   Bit:2  Bit:1   Bit:0  
 バックアップ設定 R/W  EE Offset BSIE TCE  FEDE  BSM     TCR
 デフォルト値   1  0  0

Bit  記号  値  内容 
7 EE Offset(0)  0 to 1  EEoffsetの<8:0>の値。前アドレスの36hのBit7:1<8:1>の値になっておりその続き。周波数オフセット機能を使わない場合は "0"として下さい。
 6  BSIE   0 バックアップ切替発生時に 割り込み信号を出力しない
1 バックアップ切替発生時に 割り込み信号を出力する
5 TCE   0 トリクルチャージ機能をオフ
1 トリクルチャージ機能をオン
4 FEDE   0 ファストエッジ検出機能をオフ(こちらには設定しないで下さい)
1 ファストエッジ検出機能をオン(こちらに設定して下さい)
 3:2 BSM 00 バックアップ切り替え機能をオフ 
01 ダイレクト切替機能をオン
10 スタンバイモード(Vdd<Vbackupになった際にバックアップ電源に切り替わらずスタンバイになる)
11 レベル検出・バックアップ切替機能をオン
1  TCR     00 トリクルチャージ (3kΩ) -デフォルト値
 01 トリクルチャージ (5kΩ)
 10 トリクルチャージ (9kΩ)
 11 トリクルチャージ (15kΩ)

<各モードの説明> ※各モードで消費電流が異なります  消費電流値
(バックアップ切替機能なし) BSMビット=00 
   Vdd < Vbackup となってもVbacup電源に切り替わりません
 45nA Typ.
 (ダイレクト切替機能) BSMビット=01
  Vdd < Vbackup となった際に Vbackup電源に切り替わる
 95nA Typ.
(レベル切替機能) BSMビット=10 
 Vdd < 規定電圧 (VDDSW : +2.0V Typ.)となった際に Vbackup電源に切り替わる
 115nA Typ.
(スタンバイモード) BSMビット=11 
  Vdd < Vbackup となった際に スタンバイになり、全ての動作が停止する

  この時に時計保持動作も停止して初期化されます。
  通常はこのモードは使用しないで下さい。
 (動作停止)

レジスタ設定する際の書き込み値は以下になります。

・デフォルトの設定(バックアップ切替無し) --- 0x37 0x10
ダイレクト切替機能オン・トリクルチャージオン(3kΩ) ---- 0x37 0x34
ダイレクト切替機能オン・トリクルチャージオフ ---- 0x37 0x14
レベル切替機能オン・トリクルチャージオン(3kΩ) ------ 0x37 0x3C
レベル切替機能オン・トリクルチャージオフ ------ 0x37 0x1C
---------
※バックアップバッテリが一次電池の場合はトリクルチャージ・オフ、
  充電池またはコンデンサ(2重層、セラミックなど)の場合はトリクルチャージ・オンにして下さい。

< トリクルチャージのブロック図 >




※こちらの評価ボードは量産開発時の評価用としてお貸し出しも行っていますのでこちらまでお問い合わせ下さい。

Copylight (c) Tamadevice.co.ltd .
※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先
|