TOP (製品リスト) 在庫リスト 会社概要  お問合せ

 TOP  >  OCXO製品情報 > U7408LF の周波数調整回路について

小型・高精度 IC -OCXO/
U7408LF・U777LF・U8022LF の周波数調整回路について ~


U7408LF 、U7772LF 及び U8022LF の周波数調整部分の Typical値は以下になります。

・OCXOの周波数調整機能について (実測値からの値)
 型番  周波数 VC可変幅   調整電圧
 U7408LF  10.000MHz  ±2.4ppm Typical     +1.25V±1.0V
 (+0.25V~+2.25V)  
 U7772LF  10.000MHz
 U8022LF  40.000MHz
 
  この値からデジタルポテンショメータ または D/Aコンバータを用いで周波数調整をする際の
 1ビット当りの調整分解能の目安は ビット数に応じて計算上、以下になります。
 ( Vref電圧は、下の回路図内の Vref端子に印加する電圧です )
 
 ・周波数調整の分解能の目安
  1bitあたり分解能 ( 計算上の Typical値 ) 
 Vref電圧 7bit 8bit   12bit 16bit 
Vref = +3.3V時   6.19*E-8  3.09*E-8  1.93*E-9  1.21*E-10
Vref = +3.0V時   5.63*E-8  2.81*E-8  1.76*E-9  1.16*E-10
Vref = +2.5V時   4.69*E-8  2.34*E-8  1.46*E-9  9.16*E-11
外部調整素子  デジタルポテンショメータ D/Aコンバータ
 
  D/Aコンバーターの方が分解能は高くなりますが、近傍の位相ノイズ(1Hz~10Hz)は
 デジタルポテンショの方が若干値が良くなる傾向があります。
 半面デジタルポテンショは温度特性は良くないためその影響が出ます。
 
・メカニカルポテンショメータでの調整について
   メカニカルポテンショメータを用いた調整については回路構成が非常に簡単ですが、
 ワイパ部分の接触抵抗の変化(不安定要素)により温度変化の際に多少いびつな特性
 になってしまったり、個体差が大きく出てしまい揃ったOCXOの特性を得られない場合が
  あります。
 
・デジタルポテンショメータ または D/Aコンバーターを用いるメリット
   デジタルポテンショまたはD/Aコンバーターの場合は、I2C(またはSPI)による書込みは
 必要になりますが、接触抵抗の問題が無いため素直で揃った特性を得られます。
 
  メモリ内蔵のタイプを使用することで、出荷時調整後に一旦電源がオフになっても調整時
 の値を保持することが出来て、輸送時の振動などの影響も受けないメリットがあります。
 
  またデジタルなので外部からの調整やソフトウェアからのOCXOの制御が可能に
 なります。いずれの素子を用いる場合でも、必ずリファレンス電圧は電源電圧 (Vdd)
  とは別電源として下さい。
 ( 特性の劣化を防ぐため )



 デジタルポテンショメーターを使用しての調整回路例

  以下は例としてMicrochip Technology Inc. / MCP4541 を用いた回路接続図の例です。

  デジタルポテンショメータのリファレンス電圧 (Vref)は 電源電圧(Vdd) とは別の電源として下さい。
   
    ( Microchip Technology Inc. / MCP4541 を用いた回路接続例 )
    ( SCL/SDA はVddへプルアップ接続します )

   ※ 分解能を上げるために、Vref~A、 B~GNDの間に固定抵抗を入れて調整幅を
     狭くする場合は、固定抵抗の温度特性もVC電圧に影響を与えるのでご留意下さい。
     またデジタルポテンショメータ自体の温度特性はD/Aコンバーターに比べると劣る
     ため、上記回路のままでは周波数温度特性が仕様値に収まらない場合があります。
     ポテンショメータの温度特性を改善する方法についてはお問い合わせ下さい。


D/Aコンバーターを使用しての調整回路例

   以下は例としてMicrochip Technology Inc. / MCP4726 を用いた回路接続図の例です。

   D/Aコンバータ のリファレンス電圧 (Vref)は 電源電圧(Vdd) とは別の電源として下さい。
   
    ( Microchip Technology Inc. / MCP4726 を用いた回路接続例 )
    ( SCL/SDA はVddへプルアップ接続します )

  ※ 以下グラフは実際に上記のD/Aコンバーターを用いた周波数調整回路にて
    周波数温度特性を測定した実測例です。
   ( 恒温槽内で通電させて 20秒ごとに周波数及び周囲温度を測定プロット )
   ( 温度変化率 =1℃/1分にて、Vdd=+3.3V、 Vref = +3.0V にて )

    
     このサンプルでは約 3*E-9pp @-40~+85℃の実測結果となっています。
     ( 規格値は±10*E-9以内 = 20*E-9pp )
     なめらかで素直な特性が得られていて、また再現性も高い結果が得られています。


  ※ 上記の型番は実際に弊社内でテスト検証を行った際のものですが、
    必ずしも特にこの型番が推奨型番という訳ではありません。
    回路接続については実際にご使用になる型番のデータシートの内容に従って下さい。
 
 
 
   また周波数調整端子の無い <U7250LF> などの場合は、 調整回路部分は不要です。
  周波数センター値の要求仕様に余裕がある場合にはそちらの方が回路構成は簡単です。


Copylight (c) Tamadevice.co.ltd ※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先  |  プライバシーポリシー

アクセス解析