■ RV-3029-C3 及び RV-3049-C3 の パッケージ変更に伴う型番以降について

  RV-3029-C3 及び RV-3049-C3 は今後以下のパッケージ変更されます。
  それに伴い、型番がそれぞれ RV-3
129-C3, RV-3149-C3 に変更になります。
  (パッケージ変更に伴う仕様変更及び推奨ランドパターンの変更はありません )

     


 旧型番  RV-3029-C3 及び RV-3049-C3
 新型番  RV-3129-C3 及び RV-3149-C3
 変更点  製品側面のキャスタレーション部分のはんだパターンの追加 
 仕様変更点  変更無し
 推奨ランドパターン  変更無し
 サンプル開始時期  2018年7月予定
 量産開始時期  2018年9月予定

   ・継続している案件で旧型番 (RV-3029-C3, RV-3049-C3 ) をご希望の場合には、当面の間旧型番も継続します。

   ・新規設計で検討される際には、新しい RV-3129-C3, RV-3149-C3 でのご検討をお勧めします。

   ・C3パッケージを採用している他の型番 (RV-1805-C3, RV-8523-C3, RV-8564-C3 ) には適用されません。




 ※ この変更により従来品では良否判定が難しかったはんだ実装状態を目視にて確認出来るようになります。


       (従来品/ RV-3029-C3, RV-3049-C3)                (新規品/RV-3129-C3, RV-3149-C3 )

   


  今後の新規設計で検討される際には、新しい RV-3129-C3, RV-3149-C3 にて部品登録を行って頂きます様お願い致します。




→ RTCモジュールのトップへ



Copylight (c) Tamadevice.co.ltd . ※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先 | プライバシーポリシー
| サイトマップ |