製品情報
手軽なQCM
お試しセット
センサ一覧
(センサのみの価格表)
手軽なUSB接続タイプ
QCM測定器
  @ センサの取りつけ
  A ホルダ別添付タイプ
  B エアフローセル
  C QCM Monitor ソフトウェア
  DQCM Measurer ソフトウェア
  EQCM Measurer マニュアル
単三乾電池駆動タイプの
ポータブルQCM測定器
 技術情報
水晶素板の
表面仕上げ
QCMセンサの
温度特性
Cuめっき電極の作り方
スパッタリング電極
簡易IC発振回路の
使い方

QCMのTOPへ
〜 簡易発振回路を使用した水晶センサの温度特性について 〜
 
< 測定条件 >
 温度  -40〜+85℃にて5℃ステップ
 電源電圧   (1) +3.0V  (2) +5.0V  (3) +7.0V
 発振回路   簡易発振回路にて  回路も同じ温度条件に晒す
 センサの周囲環境   大気中に晒す(仮留めのキャップをした状態)
使用したセンサ  9MHzの標準品 ( ATカット )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(1) + 3.0V  にての測定

* グラフ縦軸 = 周波数偏差:単位ppm   * グラフ横軸:温度 ( ℃ )
+3.0V電源電圧の際の温度特性実測例



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




(2) + 5.0V  にての測定

* グラフ縦軸 = 周波数偏差:単位ppm   * グラフ横軸:温度 ( ℃ )
+5.0V電源電圧の際の温度特性実測例



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



(3) + 7.0V  にての測定


* グラフ縦軸 = 周波数偏差:単位ppm   * グラフ横軸:温度 ( ℃ )
+7.0V電源電圧の際の温度特性実測例

< 解説 >

上記の3点の測定において、供給電圧以外の諸条件は全く同じです(測定試料も全て同じ)。供給電圧を変える事により、水晶センサ(振動子)にかかるドライブレベルが変わります。ドライブレベルの変化が多少なり温度特性に影響を与えているのがお分かり頂けると思います。 

一点データ内で測定上の問題の部分として、グラフ中のピンク色と青色の資料の温度特性が少し歪んだ形になっていますが、これは吸湿の影響と思われます。

水晶センサ及び回路部分が一定の温度に保たれていれば温度特性を考慮する必要はなくなるため、より正確な測定を行うためには温度管理を厳密に一定に保つことが重要になる訳です。
 
上記のテストで使用した振動子は9MHzの<ATカット>のもので ATカットの特徴である3次曲線のカーブがそのまま表れています。通常の1MHz以上の水晶振動子は一部を除いてATカットのものが大半を占めます。


Copylight (c) Tamadevice.co.ltd . ※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。

| お問合せ先 | プライバシーポリシー | サイトマップ |