製品情報
手軽なQCM
お試しセット
センサ一覧
(センサのみの価格表)

在庫表こちら
手軽なUSB接続タイプ
QCM測定器
  ① センサの取りつけ
  ② ホルダ別添付タイプ
  ③ エアフローセル
  ④ QCM Monitor ソフトウェア
  ⑤ QCM Measurer ソフトウェア
  ⑥ QCM Measurer
    マニュアル (PDF)
  ⑦ USBドライバダウンロード
単三乾電池駆動タイプの
ポータブルQCM測定器
 技術情報
水晶素板の
表面仕上げ
QCMセンサの
温度特性
Cuめっき電極の作り方
スパッタリング電極
簡易IC発振回路の
使い方

QCMのTOPへ
QCM測定器 ( ポータブルタイプ/USB接続タイプ )

 <ソフトウェアについてのお知らせ>
  ① QCM Measure ソフトウェアの最新バージョンが Ver.1.08 → 1.09 に移行しています。
    Ver.1.07または Ver1.08 をお持ちの方にはアップグレードパッケージをメール等でお送りしますのでこちら までお申し付けください。
<修正内容>   
     ・Ver.1.08 ---- 長時間データ記録中に測定が停止してしまう不具合を修正 (2014.05)
      ・Ver.1.09 ---- データ記録中に表示プロット間隔時間が設定値と異なってしまう不具合を修正 (2016.07)
  ② 2014年6月以前のご導入の方で、Windows8(64ビット版)対応のドライバが必要な方は
    こちらまでお申し付けください。

USB接続タイプ <THQ-100P>
型番 画像 周波数範囲 周波数表示 電源 パソコン
との接続
価格
THQ-100P
-SW型
2.5MHz~30MHz 接続したパソコン上で専用ソフトにて周波数表示 USBバス
パワー
USB
接続
\165,000-
(税別)

★セット一式には以下のものが含まれます。

  ①本体 
  ②USBケーブル 
  ③QCM Monitorソフトウェア 
  ④QCM Measurソフトウェア

  ⑤マイナスドライバ

★以下のものは別売になります。

  ⑥QCMセンサ

  ⑦スチールフローセル(ニッケルメッキ品)
  ⑧透明ポリカーボネイト・ねじ込み型フローセル (1チャンネル用及び4チャンネル用)



先端部にセンサを取り付け
QCM Monitor画面
パソコン上に周波数表示
・プロット・データ保存(CSV形式)

4チャンネルフローセル

パソコン上で数値を読み取る USB接続タイプです。
USBバス給電で動作するので外部電源が不要、省スペースで
QCM測定を行えます。

 ★ THQ-100P を用いたQCM測定は、気相中のQCM測定を想定しています。
  液相の(溶液中での)QCM測定には適していません。
  例外として5MHzまたは9MHzのポリッシュ品を用いて、センサ表面に液滴を
  垂らす形の測定は可能です。
  またE-QCM測定には発振回路素子を破損する可能性があり向いていません。



THQ-100P-SW型 USB接続タイプQCM測定器(先端ねじ型)
THQ-100P-SW型用 フローセル
QCM Monitor 付属ソフトウェアでの測定(周波数表示のみ)
QCM Measure 付属ソフトウェアでの測定
  (データプロット及びロギングデータ保存)
延長端子を設けたい場合(真空チャンバなどで)
⑥ USBドライバのダウンロード
諸元表
 


  THQ-100P-SW型 USB接続タイプ QCM測定器 (先端ねじタイプ)

<THQ-100P-SW 先端部>
筐体がネジ状になっています

本体サイズは旧タイプの
<THQ-100P>と同じです
3チャンネル測定の例
多チャンネル測定が可能です

金属製フローセル(別売品)

<THQ-100P-SW>に被せてネジ止め
する形状で、気密性は高くありません。

ニップル寸法:内径φ2.5

別売の4チャンネル測定用フローセル


1チャンネル測定用フローセル
(別売品)

<THQ-100P-SW>の先端部にねじ込んで
固定する形状です。Oリング付属。
気密性は金属製のものよりも高くなります。
ニップル寸法:内径φ4.0mm/外形:φ6.0mm


カウンタ部分 表示カウンタ部のついた<THQ-10D型><THQ-100P型> (従来版・外部電源タイプ) はこちらから

  THQ-100P-SW型 用 専用フローセル (別売品)
1チャンネル用のねじ込み型のフローセル
(別売品)

ねじ込みの根元にはOリングを装着しています。


外径:φ6.0mmのニップルにチューブを接続して測定したい
気体を流します。

写真のものは透明ポリカーボネイト製のフローセルです。
内部が見えるため、センサの方向を確認しやすくなります。
その他の材質の場合はお問い合わせ下さい。
4チャンネル用のねじ込み型のフローセル
(別売品)

ねじ込みの根元にはOリングを装着しています。


外径:φ6.0mmのニップルにチューブを接続して測定対象の
気体を流します。
4チャンネルまでの測定が可能なため、異なる
センサ電極や反応膜をつけての測定が可能です。



写真のものは透明ポリカーボネイト製のフローセルです。
内部が見えるため、センサの方向を確認しやすくなります。
その他の材質の場合はお問い合わせ下さい。

<フローセルの材質:ポリカーボネイトについて>


ポリカーボネイトは機械的強度に優れておりプラスチックねじなどに使われるエンジニアリングプラスチックです。
耐熱性にも優れており常用で+120~130℃の耐熱性があります。
薬剤の耐性は、酸性には強く、アルカリ性には弱い性質があります。



透明ポリカーボネイトフローセル <S1>
テフロンニップル(内径:φ4.0mm外径:φ6.0mm)
予備Oリング付き(フッ素ゴム)

(別売品)
(価格 :  ①透明ポリカーボネイト \45,000- )
       ②テフロン \48,000- )
※本体部は以下の材質でも可能です
①テフロン
②黄銅+ニッケルメッキ
(ニップル部はいずれも
 テフロンになります)
透明ポリカーボネイトフローセル <S4>
テフロンニップル(内径:φ4.0mm外径:φ6.0mm)

予備Oリング(フッ素ゴム)及び
キャップ3個付き(未使用部の蓋用)

(別売品)
(価格 : 透明ポリカーボネイト \96,000- )


 <QCM Monitor>ソフトウェアでの測定>
QCM Monitor ソフトウェアではシンプルに現在の周波数と変動周波数が表示されます。

QCM Monitor画面

上段が周波数、下段は最初の測定値からの変化量を表示します。単位はヘルツ(Hz)です。

設定は簡単で、インストール後にソフトウェアを立ち上げ、『設定』タブで <THQ-100P>が接続されている
COMポートを設定して ( START ) ボタンをクリックすると測定を開始します。
( START )ボタンは測定中は ( STOP ) ボタンに変わります。
( STOP ) ボタンをクリックして再度 ( START ) ボタンをクリックすると、下段の周波数変化量の
初期値がリセットされます。


 <QCM Measure>ソフトウェアでの測定
QCM Measureソフトウェアでの測定では、リアルタイムの周波数変化をグラフで表示できるほか、
マルチチャンネルでの比較測定、データの保存(CSV形式)が可能です。

マルチチャンネル測定の例

ここでの 『周波数変化量』 は、
実際のセンサの周波数が
"下がった"場合に"プラス"で
表示されます。

<例>
センサの発振周波数が

『 9000000Hz』→『8999950Hz』
に変化すると
変化量は 『+50Hz』 に表示されます。
CSVデータ例
 データはCSVで保存できます

 PDF版の簡易操作ガイドはこちらから  


 延長端子を設けたい場合

 センサのみをチャンバー内に設置したい場合などはセンサの端子部を延長して使うことも可能です。
<THQ-100P-SW> 本体内にも周波数カウンタのリファレンスクロックが内蔵されていますので、
なるべくTHQ-100P本体は安定した環境に置いた方がベターです。


  リード端子部分はC成分(容量成分)及びⅬ成分としても振る舞ってしまい、直接発振周波数に影響するので注意が必要です。




<延長端子の例>
  
センサの端子は2.54mmピッチの市販されている丸ピンソケットの2ピッチ分でちょうど
合うサイズになっています。写真のものはソケットにφ0.8mmのめっき線(単線)を
はんだ付けしています。黒い部分は熱収縮チューブ、赤い部分は絶縁チューブです。
(どちらも絶縁目的です)
この組み合わせで、長さ:20cmくらいまではあまり影響無く測定出来ます。
延長線は撚り線ではなく単線を用いること、またある程度太さのあるもの(φ0.8~1.0mmくらい)
を用いた方がベターです。


 USBドライバのダウンロード

 ※ ご使用になるパソコンのOSビット数によりUSBドライバが異なりますので、お手持ちのものが合わない場合は
   以下からダウンロードされて下さい。
 
    ・ 32ビットOS用の USBドライバダウンロード (クリックするとダウンロードが開始されます)

    ・ 64ビットOS用の USBドライバダウンロード (クリックするとダウンロードが開始されます)
  
    ( 圧縮ファイル形式です )

 THQ-100P 電気的仕様表
 < THQ-100P 仕様 >
型番  THQ-100P型 ( 2.5MHz~30MHz )
周波数範囲  2.5MHz~30MHz のセンサを使用可能
電源  USBバスパワー ( DC5V )
消費電流  50mA 以下
動作周囲温度 *  0 ~ +40℃
動作周囲湿度 *  30~90% RH
振動子  HC-49/Uホルダタイプ のQCMセンサを装着可能
精度 *  ±2% 以内
応答時間  1~3分 ( 90%応答) * 測定対象物質により異なる
カウンタ機能  Gate Time=1秒 / 分解能:1Hz
出力  シリアル USB
接続ソフト  QCM Monitor + QCM SHOT または QCM Monitor + QCM Measure ソフト。
 ( OS Windows XP 対応。 QCM Monitor 及び QCM Measure ソフトは
  Windows Vistaおよび 7及び 8.1 も動作確認済みです)
本体寸法・重量  φ24.0×120 ( mm ) 、 約 150g (ケーブル含めず )
添付品 (数量:各1) USBケーブル、QCM Monitorソフトウェア、QCM Measure ソフトウェア、
センサ取付用ドライバ



Copylight (c) Tamadevice.co.ltd .
※ サイト内のコンテンツの無断転用はご遠慮下さい。TOPページ | お問合せ先 |